住宅用火災警報器を点検してください

住宅火災による犠牲者を減らすために、消防法が改正され、東京都では平成16年10月1日、それ以外の地域では平成18年6月1日に新築住宅での取り付けが義務付けられそろそろ10年を迎えます。

住宅用火災警報器は、古くなると電子部品の寿命や電池切れなどで火災を感知しない恐れがあります。10年を目安に交換しましょう。

住宅用火災警報器には煙式と熱式の2種類がありますので交換する時は確認してください。

住宅用火災警報器住宅用火災警報器