消火器関係の法規改正

規格省令改正の概要(平成23年1月1日施行)

使用時の安全な取扱いに関する事項や維持管理上の適切な設置場所に関する事項、点検に関する事項などの表示が義務付けられました。

既に設置されている旧規格の消火器は、平成33年12月31日までは特例として設置することができます。
なお、戸建て住宅等に設置されている消火器については、特例措置が設けられていませんが、メーカーの示す耐用年数や有効期限に留意してください。

点検基準改正の概要(平成23年4月1日施行)

蓄圧式消火器の内部及び機能点検は、製造年から3年が経過から5年になりました。
なお、加圧式の消火器にあっては、これまでどおり、製造年から3年経過です。
※ 3年又は5年を経過してない場合でも、外形点検において異常が認められた場合は、内部及び機能の点検が必要になります。
※ 二酸化炭素消火器及びハロゲン化物消火器を除きます。

製造年から10年を経過した消火器又は外形点検において本体容器に腐食等が認められたものについて、耐圧性能点検が必要になりました。

※ 耐圧性能点検を実施してから3年を経過していないものを除きます。
※ 二酸化炭素消火器及びハロゲン化物消火器を除きます。

新旧規格の消火器の見分け方

 新規格の業務用消火器には、適応する火災の絵表示が新しいものに変更されています。
新規格と旧規格を見分ける一つの方法です。

【旧規格】 【新規格】
旧絵表示 新絵表示

▲このページのトップへ