自家発電設備の負荷試験に関する改正告示が公布されました

消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に
添付する点検票の様式の一部を改正する件の公布について

消防用設備等の点検の基準及び消防用設備等点検結果報告書に添付する点検票の様式の一部を改正する件(平成30年消防庁告示第12号。以下「改正告示」という。)が平成30年6月1日に公布されました。

今回の改正は、実機での検証や現場での実態調査に基づく検討を踏まえ、非常電源(自家発電設備)の点検方法を合理化する等の整備を行うものです。

主な改正内容

  1. 総合点検における負荷運転の代替点検方法として、内部観察等を規定したこと。
  2. 潤滑油等の交換など運転性能の維持に係る予防的な保全策が講じられている場合には、点検周期を6年に延長することとした。
  3. ガスタービンを原動力とする自家発電設備は負荷運転を不要としたこと。
  4. 換気性能に係る点検を負荷運転時ではなく無負荷運転時に行うこととしたこと。
  5. 施行期日等を公布の日から施行することとしたこと。

自家発電設備の点検方法の改正に関するリーフレットや、関係する告示及び消防庁から発出した通知等を掲載しています

消防法施行規則等の一部を改正する省令(案)等に対する意見公募の結果(抜粋)

☞自家発電設備の点検改正に伴うリーフレット

自家発電設備点検の改正に関するリーフレット

内部監察等とは・・・

予防的な保全策とは・・・

☞自家発電設備の点検に関する告示及び通知

「点検基準」(昭和50年消防庁告示第14号別表第24及び別記様式第24)

「点検基準の改正通知」(平成30年6月1日付消防予第372号 消防庁次長通知)

「点検要領の改正通知」(平成30年6月1日付消防予第373号 消防庁予防課長通知)

「質疑応答」(平成30年8月24日付消防予第528号 消防庁予防課長通知)

☞消防用設備等の点検と自家発電設備に関する留意事項

消防用設備等点検報告制度について

消防法における自家発電設備の位置付け

東日本大震災における自家発電設備のメンテナンス不良による不始動・停止台数

点検報告制度に係る罰則規定について